top of page

My Site 1 Group

Public·35 members

*!☆【公式LIVE放送!!HD】日本 vs イラクライブ放送・放送・テレビ放送・生中継・生放送 2024年1月19日


【テレビ放送】サッカー日本代表 イラク戦の中継・ライブ配信予定|アジアカップ グループD第2節


🔴📺放送==►►📲👉日本 vs イラク AFC ライブ



サッカー日本代表vsイラク代表丨放送予定一覧!テレビ・ネット中継・ライブ配信/AFCアジアカップ2023(2024年開催)

一時はリードを許す展開も、ベトナム代表とのアジア杯初戦を制したSAMURAI BLUE。2戦目はイラク代表と対戦する。


日時:2024年1月19日(金)20:30キックオフ

試合会場:アル・ライヤーン/エデュケーション・シティ・スタジアム

対戦カード:イラク代表 vs SAMURAI BLUE(日本代表)

テレビ放送:テレビ朝日系列にて全国生中継/DAZN・TVerにて生配信

番組開始時間:20:00開始予定


AFC(アジアサッカー連盟)アジアカップカタール2023が2024年1月12日に開幕。3大会ぶりの優勝を目指すサッカー男子日本代表・SAMURAI BLUEは14日、グループステージ初戦でベトナム代表と対戦し、一時はリードされる展開となるも、4-2で白星発進となった。第2戦はイラク代表と対戦。イラクも初戦でインドネシア代表に勝利を収めており、両チームにとって重要な一戦となる。


『winwin』はサリームのコメントとして次のように伝えている。「日本代表はワールドクラスのチームであり、ドイツ代表やトルコ代表に勝利しながら11試合で49ゴールを記録している。間違いなく素晴らしいチームだ。我々だけでなくすべての代表チームが恐れるべき相手であり、タイトルを獲得する可能性も最も高いだろう」


また、サリームは「イラク代表は新しいチームであり、スペイン人指揮官のヘスス・カサスがギャップに対応できなければ試合は難しくなるだろう」と述べ、自国代表の現状に見解を示した。


しかしそれらの状況を認めた上で、「(母国の)勝利を確信している」とも発言している。「イラク代表は、選手間の調和という大きな課題に直面している。カサスが選手たちの間に和を広めることができれば、日本代表相手にも勝利できると確信している」


なお、同氏は「カサスはかなり長い間、日本代表を研究しており、その強みを熟知している」と語り、指揮官への信頼を口にした。


日本代表は現地1月19日、カタールで開催されているアジアカップのグループステージ第2節で、イラク代表と対戦する。


この一戦を前に、英メディア『Sports Mole』がプレビューを展開。国際Aマッチ10連勝中と好調の日本を「彼らは攻撃面でセンセーショナルな活躍を見せている」と称賛。さらに日本のアジアカップの過去に戦績に着目し「グループステージでは2011年の初戦以降、全勝している」と綴っている。

【PHOTO】カタールでのアジアカップ初戦に集結!選手を後押しした日本代表サポーターを現場特派の写真で特集!(Part1)


そのうえで、イラク戦のスコアを「3-1で日本の勝利」と予想。次のように理由を説明した。


「どの国も彼らを抑える方法を模索しているが、すでに長い時間が経過した。その間にも日本は猛烈なペースで得点を重ねている。この勢いだけで、日本がもう1勝を挙げるのに十分すぎる理由だ」


驚異的な得点力で他国を圧倒する森保ジャパンが、イラク相手にも自力を見せつけ、連勝を飾るか。


イラク戦を視聴するなら「DAZN Standard」と「DMMプレミアム」の2つがセットとなった新プラン『DMM×DAZNホーダイ』がお得だ。


同プランに加入すれば、DMM関連コンテンツのレンタル・購入などに使える「DMMポイント」を新規入会月から3ヵ月間、毎月550ポイントが付与される。


「DAZN Standard(月額3,700円/税込)」と「DMMプレミアム(月額550円/税込)」を別々に加入した場合は合計4,250円(税込)となるが、DMM×DAZNホーダイなら1,270円お得な2,980円(税込)で利用可能。

ザイド・タシーン(アル・タラバ)


【公式LIVE放送!TV】サッカー日本代表vsイラクライブ放送 {日本×イラク} 日本 VS.イラクライブ中継 @アジアカップサッカー 日本 VS.イラク放送 ライブ ストリーミング ライブ ブロードキャスト無料のライブ ブロードキャスト @TV ブロードキャスト (2024年 1 月 19 日)


サッカー日本代表vsイラクの勝敗予想|AFCアジアカップ2023

日本とイラクはAFCアジアカップ2023の第2戦、エデュケーション・シティ・スタジアムでの試合でそれぞれ連勝を目指す。


グループDの両軍は、ともに初戦を制した。イラクはインドネシアを3-1で下している。日本はベトナム相手に4-2で逆転勝利を収めた。


イラクは特にケガ人や出場停止の選手なし。グループステージで最もタフな試合に、ヘスス・カサスは万全のチームで臨むことができるだろう。


ジダン・イクバルは前線で苦しんでおり、インドネシア戦では途中出場のアイメン・フセインが勝利を確実にする追加点をあげた。そのため、彼がスタメンに名を連ねるかもしれない。


一方、日本は三笘薫が負傷でベトナム戦を欠場。イラク戦も不在となるかもしれない。だが、日本の攻撃陣には久保建英、堂安律、前田大然などタレントが豊富だ。彼らはベトナム戦でいずれも途中出場か出場機会なしだった。


日本はベトナム戦で前半にビハインドを背負い、苦戦を強いられた。4点目を決めて勝利を確実にしたのは、終了5分前のことだ。


イラクもインドネシアに苦しむ時間帯があったが、日本よりは楽な戦いだっただろう。ただ、日本戦はもっと難しい展望となるはずだ。イラクはボール保持が減り、もっと守るための準備をしなければいけないだろう。


また、日本は現在11連勝中で、大会で最も調子の良いチームだ。ベトナム戦で2得点、1アシストを記録した南野拓実が、イラク戦でも再び良いパフォーマンスを見せられれば、サムライブルーを止めるのは大変だろう。彼らが決勝トーナメントに向かうはずだ。


試合はアル・ラーヤンのエデュケーション・シティ・スタジアムで開催される。FIFAワールドカップ2022で使用されたスタジアムのひとつだ。


今大会のアジアカップでもすでに1試合が行われており、ラウンド16と準々決勝の試合も予定されている。


試合は日本時間の2月19日20:30キックオフ予定だ。


※この記事はスポーティングニュース国際版の記事を翻訳し、日本向けに一部編集を加えたものとなります。

翻訳:坂東実藍

編集:スポーティングニュース日本版編集部


サッカー日本代表は、1月19日(金)に開催される「AFCアジアカップ・カタール2023」(アル・ライヤーン/エデュケーション・シティ・スタジアム)にてイラク代表と試合を行う。


対戦相手のイラク代表は、最新(2023年12月21日発表)のFIFAランキングで63位(日本代表は17位)に位置している。日本代表はイラク代表と過去に13戦しており、結果は日本側の7勝3分3敗(19得点10失点)。“ドーハ悲劇”として知られる1993年の最終予選からは、9戦無敗(7勝2分)だ。直近では、2017年6月に中立地イランで行われた『FIFAワールドカップロシア』のアジア最終予選で対戦しており、日本は大迫勇也のゴールで先手を奪ったものの、後半に追いつかれて1-1の引き分けに終わっている。


 一方の日本代表は、昨年6月に行われた「キリンチャレンジカップ」のエルサルバドル代表戦より、目下10連勝中。その間の9試合で4得点以上を記録するなど、好調を維持している。アジアカップ初戦のベトナム代表戦でも4点を奪っての白星発進となったが、先制しながらセットプレーから2失点し、一時は逆転を許すなど苦戦。試合後、森保一監督の口からは反省の弁が聞こえてきたが、「コンディションを上げながら勝利できたことで、次に向けて、より厚みをもって臨める」とも語り、状態の上がりきっていない選手を起用できたことへの手応えも口にした。


第1節ではイラク代表も白星スタートを切っており、今回は勝ち点3同士の一戦。勝ち点で並んだ場合は当該チーム間の勝ち点で順位が決まるため、この試合に勝利したチームのグループD首位通過が確定する重要な一戦となる。

About

Welcome to the group! You can connect with other members, ge...
bottom of page